暮らしのちいさなできごと

値上がりした電気代

昨夜雨が降ったので、今日は昼中も31℃台で久しぶりにエアコン無しで過ごせました。

  • しまほっけの干物
  • 炒め物(茄子とトマトと鶏ひき肉)
  • 葛切りの中華スープ(白菜、椎茸)
  • 冬瓜のしょうが醤油和え

今まで冬瓜は煮たりスープにしたりと加熱して食べていたんですが、生のままスライスして食べてみたらまた違ったおいしさでした。

 

 

東邦ガスの電気に乗り換えて初めての月間電気代が出ました。

15,944円 (471kw/7/1-7/31)

去年までと期間の区切りが異なるとはいえ、多分夏場の電気代としては過去最高な気がします。

ちなみに21年は

8月 11,103円 (437kw/7/20-8/22)
7月  7,326円 (287kw/6/18-7/19)

 

コロナ渦前は、避暑地(図書館/児童館/イオン)へ行っていましたが、今は静かな図書館でも時間制限があるので、家にいることが多いです。でもそれは去年も一昨年も同じ。

 

去年までと違うのは、除湿器をボーナスで1台買い、1Fと2Fにそれぞれ1台ずつをほぼつけっぱなしに状態になりました。

除湿器の中では電気代が安い(らしい)コンプレッサー式で、電気代は1時間4.7円なので、30日間つけっぱなしだと、3,300円くらい(1台)。

 

高いけど、1日6.5Lも除湿してくれるので、湿度フルなこの現状を考えると人の為にも家の為にも必要です。

 

 

今年のエアコンとの付き合い方を来年へのメモとして残します。

↓↓↓

今年の夏は暑い日が多くて。(これは毎年言っています)

窓の位置が微妙で風があまり通らないのと、気密性が高いからかサウナみたいです。

窓全開、換気扇、扇風機、サーキュレーターフル稼働でも、10時前には室温34℃を超える事がほとんど。

 

 

湿度によるけれど、昼間は出かける用事がない日は暑くなってきたら1階のリビングのエアコンつけて。

夕方~夜ご飯終わったくらいに切って、寝るくらいの時間に2階の寝室のエアコンをつける。

エアコンの設定温度は基本冷房28℃。状況に応じて±1℃で調整。風量は自動。

湿度が高すぎる時は除湿に切り替えて、湿度がある程度下がったら冷房に。

 

ほぼ毎日こんな感じ。

2階は窓を開けていても夕方でも灼熱。

 

あとは、わが家は軒が短くて窓を開けていると吹き込むので、梅雨~夏場に雨が降っている時は窓を閉めてエアコンをつけています。

今年は夕方に突然の豪雨ということが多くて、涼しくなってきてエアコンを切って窓を開けようかなという時間帯でも、出来ない事が多かったかなという印象。

 

 

来年に向けて、もっと換気効率が上がるように給気口に換気扇でも取り付けてみる?と話していますが、ハードルが高い…。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。