おうちごはんとお弁当日記

息子とはじめてのハンバーグ作り

息子が、子供向けに書いてあるハンバーグのレシピを見て、ハンバーグ食べたい!といういうので、一緒にハンバーグを作りました。

生のお肉を触る料理はまだ早いかなと控えていたのですが、

(鼻がムズムズするとか言って、時々急に鼻に指を入れたりするので。。)

最近は、気を付けてくれようになったので挑戦してみることにしました。

今度のお休みの日にハンバーグを一緒に作ろう!と誘うと息子は、大喜び。

レシピを何度も見ては、

「ひき肉は牛肉100gとー豚肉300g!卵が1個で…(略)…ママ、分かった?」

ととっても嬉しそう。

(お肉は合いびき肉にしましたが、量はレシピに忠実に作ることにしました。)

ハンバーグを作るだけでこんなに嬉しそうだなんて。

ワクワクすることを日常の中で見つけられたら、人生はより楽しくなりそうだなと思います。

– – –

玉ねぎの皮むきは普段もお手伝いでやっているので、まかせっきり。

玉ねぎのみじん切りに挑戦しようと、私がお手本を見せたところで、

「な、な、なんだか目がいたい…」

と、結局私がすべてみじん切りに。

玉ねぎを炒める工程は息子も挑戦。

今までは私が息子の手をもって一緒に焼いたり、炒めていたのですが、

今回は油も少ないので火を弱め私は少し引いて見守ることに。

私自身は小学校1年生で目玉焼きの作り方を教えてもらい、一人で作るようになったのですが、もうすぐ息子もその年なんだな、あっという間だなと思いながら見ていました。

– – –

炒めた玉ねぎを冷ましている間に。

ひき肉をこねる作業は手袋をつけてやりました。

子供と作るとはいえ、おいしく食べたいので最初にお肉だけでこねてしっかり粘り気を出す作業は私が。

そのあとは息子がやりたがったので、バトンタッチしました。

今回作ったレシピが、パン粉が1/2カップと少し多めで、先にパン粉と牛乳を合わせたうえ(浸した)でお肉に加えるレシピ。

息子ではパン粉とお肉を混ぜ合わせることがなかなか出来ず、パン粉の塊だらけに。

子供が作る場合は、パン粉を少なめにするか、パン粉に牛乳を浸さずお肉に入れた方がいいなと思いました。

成形は息子では難しそうだったので、出来る大きさで丸めてもらいました。

さすがに息子の小さな手で空気抜きをすると、大惨事になりそうだったので、私が少しだけ空気を抜きました。

一度冷蔵庫で寝かせてからお風呂へ。

ハンバーグを焼く工程もやりたがったのですが、ほぼ待つだけと知り、息子は配膳の準備へ。

ソースは息子が担当。

\ 出来上がり /

パン粉が多いなと思いながら作っていましたが、ふっくらしておいしいハンバーグでした!

今週末はちらし寿司作りたいと言われています。

⚘ ⚘ ⚘

ご覧いただきありがとうございます。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
バナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。