お金のはなし

家計を整える|わが家の老後にいくらお金がかかる?20代から考えた老後のこと

 

2019年に話題になった「老後2000万円問題」


私の周りでも、びっくりだよね?そんなに貯められるのかな?という人が多かったです。

普段の実生活ではなかなかお金の話はしづらいですが、この話題をきっかけに少しお金の話が出来て、学費をいくら準備するかやNISAの話などをしました。

大学までの学費の準備はしていても、老後のお金までは考えられないー!考えたくない。という人もいました。

2000万円って大きな数字すぎてよく分からなくなってきます。



でも、そもそも2000万円の数字ってどこから??

人それぞれ生活環境は違うし、何にお金がかけるかも違います。

2000万円問題はざっくりと説明すると、 2019年(令和元年)6月に金融庁が公表した、
金融審議会による報告書(※)「高齢社会における資産形成・管理」の一部から生まれたもので 「高齢夫婦無職世帯」の平均的な収入が20万9,198円、支出が26万3,718円で毎月の赤字額は約5万円となっている。
毎月約5万円の赤字が30年間続くと約2,000万円の金融資産が必要になる。

ということです。
金融庁HP内:答申・報告書等

 

平均的な収入の約20万円、支出の約26万円を多いと思う人もいれば少ないと思う人もいます。

じゃぁ、次に、自分の場合はいくらくらいかかる?不足する?

という事を考えたり調べたりする事が老後の不安を減らす最初の一歩だと思います。

 

私が老後のお金の問題に直面したのは、2000万円問題が話題になる数年前の2014年。

老後に必要なお金という雑誌の記事を目にしてからです。
▽こちらの記事で書いています。

 

https://ourliving.blog/householdbudget0/

この出来事をきっかけに、老後の支出について考えるようになりました。

老後の定義

老後について考える前に、

そもそも老後っていつからだろう?と疑問が。


→調べてみたら一般的には定年退職を迎える60歳とのこと。

わが家の場合、夫が働く会社は現在は60歳が定年の予定で、その後再雇用制度があるそうです。

再雇用制度で働く際のお給料は定年時からガクッと下がる事が一般的なようです。

ただ、この定年が(夫の会社では)65歳になりそうとの事だったので、夫が65歳以降を老後(=定年後)としました。

65歳までは給与収入が現在と同程度として考えることに。

 

老後といっても定年から平均寿命まで数十年間と長いので、60代と90代の支出は違うと思うけれど、まずは今の(2014年当時)20~30代の支出と比較することを目的に定年直後くらいを想定して考えました。

老後の収入について考える

次に、老後の収入について考えてみました。

 

当時の私が老後の収入源として1番はじめに思い浮かんだのは、 老後の収入=年金

でした。

 

そこで、ねんきん定期便のサイトで今後の働き方を入力し、受け取れる額をシミュレーションしました。

(はがきで届く「ねんきん定期便」↓でも現状の加入実績に応じた金額は確認できるので、まずはこちらで確認してみても。)

日本年金機構のHPより

 

将来受け取れる年金額は支払った年金が国民年金か厚生年金か、何年間、いくら払ったかなどで金額が異なります。

 

私の場合、~2016年まではほぼ厚生年金でした。

その後は扶養内勤務にし、子供が大きくなったらまたフルタイムで働き厚生年金払うと仮定してシミュレーションしました。

 

シミュレーションを行ったところ、わが家が貰える年金は夫婦合わせて月に約20万円ちょっとくらいの予定でした。

老後の毎月の支出について考える

老後の収入が分かったら、次は支出です。

 

2014年に当時の生活をベースに、老後の毎月の支出について考えて試算を行いました。

 

が、それから6年。当時と変わったところもあるので、現在の支出で老後の支出をイメージして書き出してみました。

固定費

まずは固定費。

住居費用、水道光熱費、通信費、車維持費、任意保険、税金、社会保険料など毎月一定の支出を固定費としています。

固定費の合計は102,000円 内訳をみていきます。

 

住居費用

20,000円

現在は建売一戸建てに住んでいます。
繰上げ返済をして、60(~65)歳までにはローンは支払い終える予定で家を買いました。



ローン完済後は、
固定資産税として毎月約1万円
家の修繕積立費用として毎月約1万円
を住居費とします。

固定資産税は建物の分が年々減っていくので、もっと少ないと思いますが、代わりに修繕積立費が増えるかもしれないので毎月20,000円としました。

 

老後の毎月の支出は賃貸よりも安いですが、リフォーム費用は数百万円単位でかかるので、この分の費用は必要です。

これはリフォーム貯金として(毎月ではなく)別で貯蓄で用意する必要があります。

 

水道光熱費

17,000円

これは分からないので今と同じで計算。
電気、ガスがそれぞれ月に6000円前後、水道代金は4000円弱です。 電気、ガスは基本料等が確実に値上がりするとは思いますが….

 

通信費

11,500円

家のネット代金+格安スマホ2台分、NHK、amazon prime。
通信費は通信会社のプラン次第なので今と同じで計算しますが下げられるなら下げてもいい支出。

 

車維持費

約11,500円

車を所有している間は車の維持費として、
それ以降はバス/電車代、タクシー代に。

駅近くの家を買ったので、駅、スーパー、ドラッグストア、クリニックは徒歩圏内、大きな病院へはバスで行けるので、車を手放したら月に数千円でよさそうですが、いつまで車を乗るのか分からないので、とりあえず上記の金額で計算。

 

任意保険

約2,000円

任意の医療保険などは保障は終身です。

老後も支払いが続くより早く支払ってしまいたかったので、保険料の支払は基本的に〇〇年払いや~63歳までで契約していて、終身払いの契約はひとつだけ。

これ以上保険を契約しなければ63歳以降の支払いは月2,000円くらいです。

 

税金、社会保険料

約40,000円

定年後も、所得税、住民税、社会保険料(国民健康保険料・介護保険料)を支払います。

このうち、所得税と住民税は収入に応じてかかるので、貰える年金の額によって変わります。

社会保険料は計算が複雑。
さらに年々上がっています。

あと30年もあれば金額や法律なども変わりそうなので、ざっくり予定の金額です。



一応、総務省が出している
「家計調査報告 家計収支編 2019年(令和元年)」では、
2人以上の高齢無職世帯(世帯主が65~69歳)の税金や社会保険料の支出である「非消費支出」は3万6760円。 これらの税金や社会保険料は現在はお給料からざっくり2割弱くらいひかれています。


わが家が貰える年金は夫婦合わせて約20万円くらいの予定。
そのうちの2割が4万円。
「非消費支出」の3万6760円より少し多めで見積もったとして4万円はちょうどよさそうです。

変動費

変動費であるやりくり費は今は月に、101,000円 です。


現在の内訳は下記の通り。

日用品にはコンタクト代も含まれているのでもう少し減りそうだけど、とりあえずこの金額で計算しました。

予備費は不測の事態に備えて一応毎月設けています。

使わなかった場合、積み立てて医療費または来年用の特別費に充てています。

食費 40,000円
外食・レジャー費 10,000円
ガソリン代 6,000円
日用品費 10,000円
お小遣い夫 20,000円
お小遣い私 5,000円
雑費、予備費 10,000円

 

まとめ

ここまでの金額をまとめると、

貰える年金
(予測)
税金、社会保険料 その他固定費
変動費
残り
200,000 40,000(2割) 163,000 ▲3,000

3,000円のマイナスでした。

が、支出を少し多く見積もったので、ガソリン代などは車を手放したあとはかかりません。

それも踏まえると日々の暮らしはプラスマイナスゼロくらいでやりくりできるかなと予測。

 

毎月5万円の赤字とはならなかったけれど、貰える年金は現時点での試算なので、実際に受け取る時はもっと少なくなっているかもしれません。

さらに税負担も増えていると思います。


インフレで物価があがり、お金の価値が下がるとも言われているので、それも心配です。

月々の支出を減らしたり、年金以外の収入源を見つけていきたいと思っています。

 

そして、毎月の支出とは別に、

現在はボーナスや貯蓄から出している、
旅行費、家電の買い替え予算、リフォーム費用や介護費用など掛かるので、そのためのお金を貯めていかねばなりません。

わが家の場合、年金の収入だけだと、この辺りが老後に不足する金額になります。

 

年金だけでは暮らしていけないけれど、不足するお金について分かったので、それぞれいくらくらい必要なのか確認して貯めていきます。

 

不安がなくなったわけではありません。

でも、実際に計算してみると、漠然と2000万不足(月に5万)と聞いた時と比べて、 私たちの場合は、何にいくら足りないと分かった方が貯めていくモチベーションが上がるなと思いました。

 

老後のお金を貯めることは大事だけど、老後のお金を重視しすぎて、今の暮らしを楽しめなくなるのも嫌だなというのが私たち夫婦の考え。

 

まずは確実に必要なお金を把握し、貯めてから、老後のお楽しみ費という形で貯めていこうと思っています。

 

記事を見た当初は、20代のうちから老後の心配なんて…と思いましたが、今は確認出来て良かったと思っています。

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – –
ランキングに参加しています。
▽1日1回ずつこちらのバーナーをクリックして頂けると ランキングポイントが入ります。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
お手数ですが応援して頂けると嬉しいです ⚘

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。