わたしのこと

めまいの記録

約1か月ぶりの更新です。

まためまいが頻繁に出るようになったので、しばらくパソコン、スマホは控えていました。

(画面をスクロールして文字や画像を目で追うとクラクラするので)

 

すっかりよくなったので、また少しずつ更新していこうと思います。

 

 

以下、後から体調に変化があったの時の備忘録として書いています。

 

めまいは、以前ひどかった時に天井や壁がぐるんぐるん回っているような回転性のめまい、吐き気、耳鳴りがありましたが、去年の夏頃からなくなりました。

 

しばらく良かったんですが、12月の終わりごろから人に呼ばれて頭を動かした時などにぐらっとするめまいが起きるように。

最初は数日おきだったと思うけれど、次第に頻繁に起きるようになり、3月に入ってからは1日に何度も起きるように。

 

症状はたいしたことなくて、薬を飲めば休み休み家事などは出来る状態。

耳がむくんでいるような気がしたし、ホルモンバランスの変化でむくんでいたりするのかなと思っていたけれど、さらに耳が詰まったような感じが強くなっていったのと、薬を処方してもらう為に病院へ。

 

前回は、ネットで調べた、めまい治療しています!っていう病院へ行きましたが、特に特別な治療をしてもらうこともなかったので、今回は近くのかかりつけの耳鼻科へ。

経緯を話したら、メニエールだと思うよ。と言われ、今回も聴力検査を行いました。

なんて言われたか正確には覚えていないけれど、まとめると、耳の奥の方(内耳?)の反応が悪い?というような事を言われ、「うん、メニエールだね。」と。

めまいの薬の他、むくみを取る漢方薬の五苓散(ごれいさん)を処方されました。

(ちなみに、水は1日1.5Lを目安に日ごろからしっかりとっていて、尿の回数の減少や、尿量の減少はないからか、前回も今回も利尿剤は処方してもらっていません)

 

五苓散はツムラやクラシエなどから市販薬も出ていますが、体の「水」の巡りを改善する漢方薬。

(私の場合)速攻性はなくて、1週間弱で耳のつまった感じ(閉塞感)が徐々になくなってきて、振り向いてもめまいを起きることがなくなりました。

 

メニエールという診断にはいまいち納得していないんですが、前回言われた、メニエールの原因、睡眠不足とストレスには気をつけつつ、むくみ改善も意識して取り組んで様子を見ようと思います。

 

 

漢方については何年か前に図書館でこちらのマンガを読みました。

東洋医学の考えか方についても書いてあるので、分かりやすかったです。

また、借りてきて読もうと思っています。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

– – – – – – – – – – – – – – – – – –

ランキングに参加しています。

▽1日1回ずつこちらのバーナーをクリックして頂けると
ランキングポイントが入ります。

   にほんブログ村 にほんブログ村へ
お手数ですが応援して頂けると嬉しいです ⚘

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。