こどものはなし

小学校入学準備|入学説明会と持ち物準備

先日、小学校の入学説明会へ行ってきました。

説明会といっても頂いた資料に書いてあることを順番に先生が読み上げて、少し補足があるくらいだったので、資料だけ取りに行って動画配信でもよかったんじゃないかなと思いながら帰ってきました。

入学説明会のこと

コロナ対策で換気しているだろうと防寒対策ばっちりでいきましたが、学校側もストーブをたくさん置いてくれていたので、窓全開でも思ったより寒くなかったです。

持っていったものと防寒対策

  • スリッパ(袋入り)
  • 外履きの靴を入れるビニール袋
  • 筆記用具
  • 貰った書類を入れる袋
  • 小さなひざ掛け
  • 背中にカイロ(上着は着たまま)

入学説明会で説明されること

学校によっても異なりますが、入学説明会で説明されるのは下記のようなことです。

小学校のようす

  • その小学校の教育目標など
  • 学校での生活について(コロナ対策についても説明がありました)
  • 学級数、児童数
  • 日程表(授業時間)
  • 入学当初の下校時間や給食の開始日など
  • 通学、下校について(場所や時間など)

入学までの準備(子供のこと)

  • 自分で着替えが出来るようにしておく
  • 学校のトイレは洋式だけれど、出来れば遠足に備えて和式トイレも使える練習をしておく
  • 給食を時間内に食べ終えれるよう練習する(今は一言もしゃべらず給食を食べているそう)
  • 自分の名前とざっくりとした住所または目印などが言えるようにする
  • 通学路を子供と一緒に歩く(危ない箇所などを確認)

入学までの準備(持ち物のこと)

後述します。

入学式について

入学式当日のスケジュールなどの案内がありました。

入学までに準備するもの

準備するものは、同じ市内でも小学校によって異なるくらいなので、ランドセル以外は入学説明会が終わってから購入するのがオススメです。

(買い物ついでにどこに何が売っているかは事前にチェックはしていました。)

小学校がHP上に資料をアップしている場合、〇〇小学校 入学説明会 などで検索すると過去の入学説明会の資料が出てくる場合もあります。

一般的に用意することが多いものはこちら。

  • 文房具(筆箱、鉛筆、赤鉛筆、消しゴム、鉛筆削り、ノート、下敷き、はさみ、のり、クーピー、色鉛筆、クレパスなど)
  • 上履き
  • 体育館シューズ
  • 体操服
  • 赤白帽子
  • 水筒
  • ランドセルカバー
  • 手提げ袋、給食袋、上履き入れ、体操服袋
  • 防犯グッズ
  • 防災ずきん

準備するもの:わが家の場合

息子が通う小学校の準備するものはこちら。

  • 上履き、体育館シューズ
  • 赤白帽子
  • 体操服上下
  • 筆箱、鉛筆、下敷きなどの文房具
  • 手提げバッグ、体操着袋、上履き袋などの収納袋類
  • 給食ナフキン
  • タオル

などなど。

お道具箱やクレパス、ノート、連絡帳などは学校で一括で購入しあとからお金を払う(引落)そうです。

学校で用意してくれるものが結構多くて、揃えるものが少なくていいのは楽なんですが、ちょっと割高です。

教科書は無償でした。知らなかった..。ありがたい。

かかる金額

上記の、自分で準備するもの、学校で用意してくれるものと、~1年生で使う算数セット、水着、絵具や鍵盤ハーモニカ、長袖の体操服などまで揃えると、25000円くらいかかりそうです。(つまり、ランドセルを除く学校で使うもの)

そのうち15,000円ちょっとくらいが入学前後にかかりそうです。

この金額も学校によって差があるそう。こればっかりはしかたないけれど。

管理人 me-me
管理人 me-me
体操服なんて指定じゃなくてもいいのにー!

体操服上下でこの価格。指定のと比べて半額くらいです。。

さらにこれとは別に卒園式、入学式で着るスーツと靴(ローファー)も息子の分は買いました。

管理人 me-me
管理人 me-me
ランドセルと合わせて10万くらいかかるよって聞いていたけれど本当にかかる。。

注意事項

話を準備するものに戻して、

自分で準備するものもいくつか注意事項がありました。

  • キャラクターものは禁止。
  • 消しゴムは無臭。
  • 袋類はサイズ指定あり。
  • 鉛筆はBか2B。

この辺りの注意事項は他の小学校でも同じで事前に聞いていたので特に驚きはしなかったのですが、

「名前はシールだとはがれやすいので手書きでお願いします。」とのこと。

手書きって……アロンアルフアで貼ろうかな。(そっちの方が面倒)

と思ったけれど、スタンプでも良さそう。はがれないし。
保育園の入園の時に購入して使っているものがあるので、入学までにせっせと押します。

巾着袋もサイズ指定があったので、作ります。

↓かわいくてシンプルな巾着袋。私が使いたい。。

さっそく買ったもの

学用品店と文房具売り場へ息子と一緒に見に行ってきました。

体操服などは指定のものなどで掲載は控えます。
体操服は120cm、靴は19cmを1セット買いました。

文房具はすべて息子に選んでもらい、筆箱は私が買い、定規や消しゴムなどは息子のお小遣いで買いました。

選んでいる時はキャラクターものが選べなくて少しふてくされていたけれど、買った商品を夫へ報告(見せびらかして)いる時は、とても嬉しそうだったので、良かったです。

筆箱

筆箱は丈夫なクラリーノと悩んで、サンスターのヨコピタという商品にしました。

クラリーノはランドセルでも人気の素材で、傷がつきにくい。また何年も使っている方も多く丈夫なのところが人気。

↓amazonの1番人気は1番左

  

一方、サンスターのヨコピタは、ランドセルの横幅よりも小さい筆箱なので、荷物がたくさんある時でも教科書などの上に筆箱を収納することが出来ます。

どちらも、片面開き(1ドア)と両開き(2ドア)があります。

片開きはシンプルで壊れにくいそう。
両開きは2か所に分けれることで整頓しやすい。
ただ片開と比べて深さがないため、ペンなどは物によっては入らないものもあるそう。

丈夫なのがいいなと思いつつも使うのは息子なので、違いを説明して息子に選んでもらいました。

息子が選んだのはヨコピタのクルットというタイプ。

蓋の部分が折りたためて、机の上で蓋を開けたまま省スペースで使うことが出来ます。両面開きです。文具メーカーさんも色々考えますね。

折りたためる部分がそうそうに壊れてしまわないか心配ですが、息子が選んだので、大事に使ってねと念押しして購入しました。

消しゴム

消しゴムはMONOの普通の消しゴムをもっているのですが、2Bの鉛筆を使っているうえに、ものすっごい筆圧で書くので消すのに一苦労で。

小学生向けの消しゴムを見つけて買ってみました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メ可】トンボ鉛筆 消しゴム モノ学習用消しゴム EK-SY
価格:82円(税込、送料別) (2021/2/17時点)


MONOよりは消えているかなという感じ。

同じサクラクレパスのフォームイレーザーダブルという消しゴムもレビューがいいので気になります。

鉛筆

鉛筆はランドセルを購入したときにトンボ鉛筆の鉛筆がついてきたので、買わずにそれを使います。

一緒に入っていたトンボの丸つけ赤鉛筆が使いやすかったので、ダース買いしました。
赤と朱色の間くらいの色で見やすいです。

おうちでドリルを毎日しているのですが、かわいい花丸を書くとそれだけでやる気が出るようで赤鉛筆がどんどん減っていきます。

最後に

少しずつ準備が進んで、いよいよ小学生かと実感がわいてきました。

行動範囲が広がるので心配もありますが、楽しく通えるようサポートしていきたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。